トランクルームを便利に使おう

トランクルームとは自宅の物置のような役割を果たすスペースともいえます。今すぐには要らないけれども、いつか必要になる時がくるかもしれない、そんな物を保管しておくスペースのことです。現在はさまざまなトランクルームが多くの人に活用されています。

トランクルームってこんな感じ

トランクルームと一口にいっても、おおまかに分ければ2パターンあります。貨物用のコンテナなどに使われていたスペースを利用した屋外配置されているものと、設備が行き届いていて厳重に管理されている屋内配置のものという2つです。当然、値段が安くなるのは屋外配置されたトランクルームとなりますが、温度や湿度が管理されているわけでもなく、ただ野ざらし状態に並んだ中に荷物を詰め込んでいくといった感じです。一方の屋内配置されたトランクルームは、値段は高くはなりますが管理人が常駐していることも多く、温度も湿度も一定に保たれ、まるでリビングに保管しているかのように保存することも可能です。どちらにするかは、入れる物に応じて選択するのが良いでしょう。

他にもあるメリット・デメリット

この他にも、2パターンのトランクルームにはそれぞれメリットとデメリットがあります。屋外配置されている場合、特に管理されているわけではないので24時間いつでも物の出し入れが可能で車を横づけでる場合も多いのがメリットですが、管理状態は決して良いとはいえないことからあまり大事な物を保存しておくには適していません。その点、屋内配置されている場合は管理も厳重なので高価な美術品を保存している人もいるほどですが、警備の面からいつでも出し入れ可能とはいかず、日中に限られているところがほとんどです。また、車を横づけというわけにはいきませんので、大型の荷物を保管しておきたい場合には少々労力が伴うことがデメリットとなるでしょう。

こんな使い方もある

また、トランクルームは一時的に荷物を預かってもらうにも便利なスペースといえます。例えば、引っ越しをする時などにも上手に利用すれば片付けがスムーズにいくはずです。引っ越し先にすぐに入居できないけれども、元居た場所からは退去しなければならない時などは非常に重宝するでしょう。自分たちはホテルや知人宅に滞在するとして、荷物はトランクルームに預けておけばよいわけです。引っ越し先に入居してからも、少しずつ新生活のペースに合わせて荷物を搬入していけば、新居がダンボールでいっぱいになるといったこともありません。値段は場所によっても異なるので、あらかじめよく調べて自分にぴったりなトランクルームを探すと良いでしょう。