賢いトランクルームの選び方

最近トランクルームを活用している人が増加傾向にあります。家に入りきらない物を入れて置いたり、決まった季節にしか出さない物を入れて置いたり、引越し前後の一時的な預り所として使う場合もあります。
そんなトランクルームですが、選ぶ際のポイントとは、一体どのようなものなのでしょうか。

出し入れが楽な方が良い

トランクルームに荷物を預けた際、何か月も取り出しに来ない人であれば良いのですが、一部だけを頻繁に出してみたり入れ替えを行ったりする人にとっては、荷物の出し入れのしやすさというのは非常に大切になってきます。
管理人が早い時間に帰ってしまうようなトランクルームであったり、決まった曜日にしか開くことが出来ないようなトランクルームである場合には、気軽に荷物を出し入れすることが出来ませんので、どのような形態で運営しているのかということを、予めチェックしておいた方が良いでしょう。
また、自分の住んでいる場所から遠い場所にあるトランクルームもNGです。たどり着くまでが一苦労という状態であれば、ストレスが溜まってしまいかねません。

除湿と温度調整が出来ているか

また、良いトランクルームというのは、環境がきちんと整えられているものです。除湿がきちんとなされていて、温度調整がきちんとなされているということは非常に重要です。高温多湿な日本の気候を考えますと、除湿がなされていないと、すぐにカビが生えてしまいます。一度内部までカビが生えてしまえば、その荷物は捨てるしかありません。
そのようなトランクルームには、大切な物を預けることが出来ませんし、心配しか残りません。ですので、荷物を預ける前に、現地に行ってトランクルームの状態を確認したり、公式ホームページで概要をチェックしたりすると良いでしょう。
トランクルームに預けてしまってからでは遅いので、初期段階で調べるようにしましょう。

管理人が常駐しているか

最後に、トランクルームに管理人が常駐しているかどうかというのも、とても大切なポイントとなります。大切な物を預ける場所ですので、安心することが出来なくてはいけません。セキュリティが厳重だということも勿論大切なのですが、やはり一定の時間は人間の目で管理する必要がありますので、現地に人がいるという状態が最も安心出来ると言えるでしょう。
また、ちょっとしたイレギュラーな用事があった場合、トランクルームのそばに機械だけが居座っているのと、人間が対応してくれるのとでは雲泥の差があります。相談事などにも対応して貰うことが出来ますし、人間にしか分からない機微を察知して貰うことも可能です。管理人がいるといないとでは大違いなのです。