部屋を綺麗に使用するために活用したいもの

暮らしていると何時の間にか荷物が増えてしまいきれない、そういったことがあるはずです。夫婦間で揉め事になる場合もあり、そういった時に役立てたいのがトランクルームで、近年はさまざまなタイプがあるので知っておくと活用できます。

トランクルームについての基礎知識

トランクルームとは、貸し倉庫やコンテナボックスなどとも呼ばれることがあり、レンタルの収容スペースの一種になります。一種というには理由があって、法律上では倉庫業者が営んでいるのがトランクルーム、非倉庫業者が営んでいるのがレンタル収容スペースという区分けになっているからです。似て異なるサービスなので、知っておくと役立ってくれます。
トランクルームは基本的に荷物を預ける委託契約になり、業者が責任を持って保管してくれて、破損や汚損に関しても補償が受けられるので安心です。規約によっては免責事項のある業者も存在しているので、借りる際には契約書をチェックしなければいけません。管理体制が厳格で、営業時間中に立ち合いの下で荷物の引き渡しをすることがほとんどです。

優良トランクルームについて知りましょう

倉庫業者が営んでいるトランクルームの中には一定の基準を満たした優良トランクルーム、もしくは認定トランクルームと呼ばれていて、事業者は認定マークを捧げています。認定を受ける条件としては、保管場所や保管方法、保管性能が明確であることが基本です。さらにトランクルーム寄託約款が決められていて、相談窓口がはっきりしており、担当者が常時いなければいけません。最後に当たり前ですが倉庫業認可を受けていることです。
近年、需要に対して劣悪なトランクルームを提供する業者が増加しており、借りる時のポイントとして認定マークを掲げた業者を選ぶと安心して使用できます。そういった意味でも、知っておきたい要素となっているのです。

トランクルームの活用方法

トランクルームは個人と企業のどちらでも契約ができて、基本は物をしまっておく場所と考えるといいです。例えばリフォームの時などに一時的に荷物を預けておく、引っ越しの際に運びきれない品をしまっておくなどさまざまな方法があります。さらに季節ごとのレジャー品、スキー用品やスノーボードなどは場所を取り、自宅にしまっておくのは厄介です。
その他に企業なら普段は使用しないが捨てられない書類などをまとめてしまっておくのに便利で、家や事務所を借りるよりもリーズナブルで使い勝手が良いです。サイズに関しても半畳ほどのスペースから利用できるので、必要に応じた広さと価格で考えるのが良く、上手く活用すると生活が便利になります。